【プレミアリーグ第6節プレビュー】チェルシーが全勝中のリバプールを迎え撃つ! CL敗戦を払拭するのは?!

超ワールドサッカー / 2019年9月20日 22時35分

写真:Getty Images

マンチェスター・シティが昇格組のノリッジに敗れるという波乱があった前節。試合は誰もが予想しなかったノリッジが前半に2点リードするという展開で、その後は点差を縮められたものの、後半には追加点も奪い3-2で大金星。3連覇を目指すシティにとって痛恨の敗戦となった。

今節はチェルシーとリバプールによるビッグマッチが控えている。両チーム含め、ビッグ6は週半ばにヨーロッパカップ戦を戦い、中2日から4日という過密日程を強いられる。

その中でも4日の休養期間があるチェルシーは、チャンピオンズリーグ(CL)でバレンシアと対戦した。直近の試合(ウォルバーハンプトン戦)で5得点を奪った3バックを採用したが、この日はネットを揺らせず0-1で敗戦。さらにマウントが足首を負傷し、軽傷という報道もある中でリバプール戦に出られるかは不明だ。過去9試合でわずか1勝というリバプール戦。CLでは不発だったエイブラハムが2得点を挙げられれば、プレミアリーグ史上4試合連続で2得点以上記録した2人目の選手となる。ちなみに1人目はリバプールに所属していたスアレスだ。

プレミアではここまで5連勝で首位を走るリバプールもCLではナポリに完敗。自慢の3トップが完全に抑えられ、コミュニティシールド以降、今季初黒星を喫した。それでもプレミアリーグでは22試合無敗が続いており、44試合に伸ばしても敗戦はわずかに一度。開幕5連勝はクラブ史上2度目のことだった。ここまでホーム未勝利のランパード・チェルシーから勝ち点を持ち帰られるか。

早くも大失態を演じてしまった王者シティ。確かに上手く組織されたチームだったとはいえ、ノリッジは主力を多く欠いた状態で万全ではなかった。その一方で、CLではシャフタール・ドネツクに3-0で快勝。オタメンディに加えストーンズも負傷離脱してしまったセンターバックにはフェルナンジーニョが起用されたが、見事にクリーンシートに抑えた。今節の相手となるワトフォードは過去11回の対戦で全勝しており、加えて各試合で少なくとも2点以上奪っているという絶好の相手。6試合連続ゴールがかかるアグエロも後押しする数字だ。

トッテナムもCLでは躓いてしまった。30分までに2点リードしたものの、前半終了間際と後半序盤に失点しドローにされてしまった。そして今節のレスター・シティ戦は中2日での戦い。直近5試合で4勝を挙げている相手とは言え、エースのヴァーディはトッテナム戦3試合連続ゴール中で4得点を挙げている。先発メンバーのローテーションが予想される中、スパーズはどういった戦い方をするのだろうか。

アーセナルの前節は監督交代直後のワトフォードに2点差を追いつかれドローに。オーバメヤンの2得点も、後半は圧倒され猛攻を凌ぎ切ることが出来なかった。週半ばのELでフランクフルトに快勝した中2日で戦うのはアストン・ビラ。昇格組のアストン・ビラとの対戦はここ6試合で全勝かつ5度のクリーンシートを誇る。また、フランクフルト戦を欠場したエジルは過去4度の対戦で2ゴール4アシストを記録している。

マンチェスター・ユナイテッドはアウェイでウェストハムと対戦。ELのアスタナ戦含め公式戦ここ5試合で1得点ずつと攻撃陣が冴えない。ハマーズとはロンドン・スタジアムではここ4試合で1勝1分け2敗と分が悪い。だが、プレミアリーグ過去21試合では14勝5分け2敗となっている。

◆プレミアリーグ第6節
▽9/20(金)
《28:00》
サウサンプトン vs ボーンマス

▽9/21(土)
《20:30》
レスター・シティ vs トッテナム
《23:00》
エバートン vs シェフィールド・ユナイテッド
マンチェスター・シティ vs ワトフォード
クリスタル・パレス vs ウォルバーハンプトン
バーンリー vs ノリッジ
《25:30》
ニューカッスル vs ブライトン

▽9/22(日)
《22:00》
ウェストハム vs マンチェスター・ユナイテッド
《24:30》
アーセナル vs アストン・ビラ
チェルシー vs リバプール

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング