英大手旅行代理店の経営破綻がサッカー界にも影響! ユナイテッドやリバプールが声明発表

超ワールドサッカー / 2019年9月23日 21時12分

写真:Getty Images

23日にイギリスの大手旅行代理店『トーマス・クック』が経営破綻した。そして、同社の破綻の影響がサッカー界にも影響を及ぼしている。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

1841年創業の『トーマス・クック』は世界で最も古い旅行代理店として知られる。パック旅行や団体旅行の先駆けでもある同社は、リゾート開発や航空会社も運営する巨大企業グループだった。

しかし、ここ最近の経営不振などによって17億ポンド(約2278億円)の負債を抱えていた『トーマス・クック』は、今年8月に中国の投資会社『フォースン・グループ』から救済資金9億ポンド(約1206億円)を調達していたものの、追加で必要となった2億ポンド(約267億円)の資金調達に失敗。その結果、23日にロンドンの裁判所に破産申請を行うことになった。

これによって、同社のツアーでイギリスから国外を旅行している15万人以上にすでに影響が出ているほか、同社ですでに予約を済ませている100万人以上の顧客に影響が出ることが想定されている。

そして、『スカイ・スポーツ』が伝えるところによれば、『トーマス・クック』とトラベルパートナーの契約を結ぶマンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシー、エバートンなどのクラブは早くもその対応に追われているという。

ユナイテッドの広報担当者は『スカイ・スポーツ』の取材に対して、以下のような返答を行っている。

「私たちは『トーマス・クック』の経営破綻、それが多くの顧客や従業員に与える影響についての知らせを受けて非常に残念な気持ちでいます」

「他のプレミアリーグのクラブと同様に『トーマス・クック・スポーツ』はマンチェスター・ユナイテッドのトラベルパートナーです」

「同社は今シーズンの私たちのホームゲームに関して幾つかのチケットとホスピタリティをすでに販売しています。同時に来るUEFAヨーロッパリーグのアウェイゲームに関するパッケージツアーの販売も行っています」

「クラブはすでに同社の経営破綻に関する可能性が浮上した段階で緊急時の対策に取り組んでいます。そして、同社を経由する形で予約申し込みを行ったマンチェスター・ユナイテッドのファンと連絡を取ることに務めています」

一方、『トーマス・クック』が毎試合のホームゲームでホスピタリティパッケージを手配していたリバプールは、それ以外にもアウェイツアー時にツアーを手配する深い関係にあった。

そして、同クラブは公式声明の中で同社との取引停止とホスピタリティパッケージ購入者への影響を精査すると共に、同社から詳細を確認次第、随時ファン・サポーター向けに情報を提供することを伝えている。

また、エバートンに関しては今週末に行われるマンチェスター・シティ戦のアウェイツアーにおいて『トーマス・クック』が手配したものに関して、当該ファンへのサポートを最優先事項としている旨を明かしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング