メッシが4年ぶり最多6度目の男子最優秀選手賞獲得! 各賞受賞者が決定!《ザ・ベストFIFAアワード2019》

超ワールドサッカー / 2019年9月24日 5時45分

写真:Getty Images

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、ミラノで『ザ・ベストFIFAアワード2019』を開催し、各賞受賞者を発表した。

全世界200以上のメディア、FIFA加盟国の代表監督とキャプテン、ファンの投票によって、選出されるフットボール界で最も栄誉ある賞の1つである各賞。

ザ・ベストFIFAアワードで最も注目を集めるFIFA男子最優秀選手賞には、UEFA欧州最優秀選手賞に輝いたDFヴィルヒル・ファン・ダイク(リバプール/オランダ)と5度同賞を獲得しているFWクリスティアーノ・ロナウド(ユベントス/ポルトガル)を退けたFWリオネル・メッシ(バルセロナ/アルゼンチン)が最多6度目の受賞を果たした。

メッシは、2018-19シーズンのリーガエスパニョーラで34試合に出場し36ゴールを記録。バルセロナのリーグ連覇に大きく貢献し、個人としても6度目のピチーチ賞を獲得した。さらにアルゼンチン代表では、今夏に行われたコパ・アメリカ2019で全試合に出場しチームの3位フィニッシュに貢献していた。


Getty Images
また、FIFA女子最優秀選手賞にはFWアレックス・モーガン(オーランド・プライド/アメリカ)とDFルーシー・ブロンズ(リヨン・フェミナン/イングランド)を退け、FIFA女子ワールドカップ2019でMVPと得点王を獲得したFWミーガン・ラピノー(レイン/アメリカ)が初の受賞を飾った。


Getty Images
FIFA男子最優秀監督賞は、マンチェスター・シティでプレミアリーグ連覇を達成したペップ・グアルディオラ監督、トッテナムをクラブ史上初のCL決勝進出に導いたマウリシオ・ポチェッティーノ監督を退けたユルゲン・クロップ監督が初受賞を飾った。2015年からリバプールを率いるクロップ監督は、昨季クラブを14年ぶりのCL制覇に導き、プレミアリーグでも最後までマンチェスター・シティと優勝争いを繰り広げた。


Getty Images
FIFA女子最優秀監督賞は、今夏に行われたFIFA女子ワールドカップ2019でイングランド代表をベスト4に導いたフィル・ネビル監督やオランダ代表を準優勝に導いたサリナ・ヴィーグマン監督を退け、アメリカ代表を大会連覇に導いたジル・エリスが選出された。


Getty Images
FIFA最優秀GK賞には、マンチェスター・シティのプレミアリーグ連覇に貢献したエデルソン(マンチェスター・シティ/ブラジル)、バルセロナでリーガエスパニョーラ連覇に貢献したマーク=アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ/ドイツ)の2選手を退けたアリソン(リバプール/ブラジル)が受賞を果たした。リバプールとブラジル代表の絶対的守護神は、14年ぶりのCL制覇に加え、昨季プレミアリーグで最少失点という結果を残し、チームの躍進に大きく貢献した。


Getty Images
また、最優秀ゴール賞にあたるFIFAプスカシュ賞は、ダニエル・ジョーリ(デブレツェン/ハンガリー)が2019年2月16日に行われたハンガリーリーグのフェレンツヴァーロシュ戦で決めた豪快なバイシクルシュートが選ばれた。1-1で迎えた91分、左サイドからのクロスに合わせて決めた鮮やかなバイシクル弾は、この試合の決勝点となっただけでなく、キャリア初ゴールというおまけ付きだった。

※プスカシュ賞を獲得したジョーリのゴール⇒ https://youtu.be/L3PZMPAFsEk


今回発表された各賞の受賞者は以下のとおり。

◆FIFA男子最優秀選手賞
FWリオネル・メッシ (バルセロナ/アルゼンチン)

◆FIFA女子最優秀選手賞
MFミーガン・ラピノー (レイン/アメリカ)

◆FIFA男子最優秀監督賞
ユルゲン・クロップ (リバプール/ドイツ)

◆FIFA女子最優秀監督賞
ジル・エリス (アメリカ代表/アメリカ)

◆FIFA最優秀GK賞
GKアリソン(リバプール/ブラジル)

◆FIFA最優秀女子GK賞
GKサリ・ファン・フェーネンダール (アーセナル→アトレチコ・マドリード/オランダ)

◆FIFAプスカシュ賞
FWダニエル・ジョーリ (デブレツェン/ハンガリー)

◆FIFAフェアプレー賞
マルセロ・ビエルサ&リーズ・ユナイテッドのメンバー

◆FIFAファン賞
シルビア・グレッコ (ブラジル/パルメイラスのサポーター)

※(クラブ[代表]/国籍)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング