鮮烈デビューのロドリゴ、ビッグクラブに順応 「常にタイトルを意識しなければならない」

超ワールドサッカー / 2019年9月26日 18時45分

写真:Getty Images

レアル・マドリーのU-23ブラジル代表FWロドリゴ・ゴエスがチームの環境に順応してきているようだ。スぺイン『マルカ』が伝えた。

今夏、推定移籍金4500万ユーロ(約53億3000万円)でサントスからマドリーに加入したロドリゴ。25日にホームで行われた第6節のオサスナ戦(2-0○)でラ・リーガ衝撃デビューを飾った。

1点リードの71分からピッチに立った同選手は、直後MFカゼミロからのロングフィードを左サイドで受けると、そのままボックス内に侵入。カットインから右足を振り抜きネットを揺らして見せた。

ファーストプレーで鮮烈なデビュー弾を記録したロドリゴは試合後、ジネディーヌ・ジダン監督について述べつつ、マドリーの環境について以下のようにコメントした。

「とても喜んでくれていると思う。監督はシーズンを戦っていく上でここにいるすべての選手が活躍できることを知っているよ」

「僕たちはトロフィーのために戦っている。それがクラブの目標であり、常に意識しなければならない」

「マドリーとはそのような場所なんだ。僕はまだここに来て間もないけど、このチームは毎試合勝利を求められていることはすぐにわかった」

「外部の声に耳を傾けることはせず、仕事に集中しなければならない」

「マドリーはよく批判されるけど僕たちは落ち着いている。すべてが上手くいくよ」

なお、クラブの成績不振が囁かれ指揮官交代説も取り沙汰されていたが、この試合の勝利によってリーグ戦3連勝となり、首位浮上を果たしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング