ダニー・ローズ、ニューカッスルと短期契約延長へ モウリーニョが許可か

超ワールドサッカー / 2020年6月3日 17時45分

写真:Getty Images

トッテナムを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、ニューカッスルにレンタルしているイングランド代表DFダニー・ローズの移籍期間を今シーズン終了まで延長することを許可したようだ。イギリス『Football Insider』が報じている。

2007年にトッテナムに加入したローズは今シーズンで14年目を迎えた。最初のうちはレギュラーとして出場していたものの、昨年11月に指揮官がマウリシオ・ポチェッティーノからモウリーニョに代わるとその機会が激減。今年1月に半年間のレンタルでニューカッスルに活躍の場を移した。



一方、新型コロナウイルスの影響でシーズン終了が後ろ倒しになった欧州各国リーグでは契約上の問題が発生。通常は選手とクラブ間の契約は6月30日までとなっているため、シーズン終了が7月や8月にもつれ込んだ場合、クラブは当該選手を起用できなくなる。

その対策として、実質的な今季終了までの短期契約延長という特例が認められており、ローズもその対象だった。

トッテナムとニューカッスルの間では交渉が続いているようだが、その中でモウリーニョ監督は契約延長を許可したとのこと。

また、トッテナムは2021年まで契約を残す同選手の売却の準備も進めているようで、すでに構想外とみなされているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング