メッシ、久々のカンプ・ノウに…「この場所が本当に恋しかった」

超ワールドサッカー / 2020年6月7日 14時0分

写真:Getty Images

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが秘める想いを吐露した。

新型コロナウイルスの影響で3月から中断が続くラ・リーガは11日からの再開が決定。バルセロナは13日に敵地で行われる第28節のマジョルカ戦からリスタートする。

再開初戦に向け、調整に励むバルセロナは6日の練習で本拠地カンプ・ノウに。2日の練習中に右足の太ももを痛めたメッシも参加して、別メニューに務めた。

全体練習に参加しなかったメッシだが、久々に慣れ親しむカンプ・ノウのピッチに足を踏み入れ、想いがこみ上げてきたようだ。

同日、自らのインスタグラム(leomessi)を更新。ピッチに立ち、感慨深げな表情でスタンドを見つける自身の姿とともに、次のように綴っている。

「この場所が本当に恋しかった…ここでまたプレーするのが待ち遠しい!」

なお、バルセロナが再開後に予定する最初のホームゲームは16日に行われる第29節のレガネス戦となる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング