スコールズが復帰迫るポグバに警告…レギュラー返り咲きは「一筋縄ではいかない」

超ワールドサッカー / 2020年6月7日 17時40分

写真:Getty Images

マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバに対して、復帰後のレギュラー返り咲きに苦労するかもしれないとの声が挙がっている。

今季の大半にわたり、ポグバをケガで長期的に欠いたユナイテッドだが、今年1月に加入したポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスが早々にフィットしてみせ、セルビア代表MFネマニャ・マティッチとブラジル代表MFフレッジも復調。さらに、スコットランド代表MFスコット・マクトミネイも台頭を遂げ、中盤のポジション争いは激しさを増している。

その中盤の安定に乗じて、ユナイテッドも中断に入る直前まで公式戦11戦無敗を記録するなか、長らく欠場が続いたポグバにもようやく復帰の目処が立ち、再開初戦から起用可能な状態に。しかし、かつてユナイテッドの中盤で主軸を張った元イングランド代表MFのポール・スコールズ氏は戻ってきても、簡単にポジションを取り返せないと考えているようだ。

クラブ公式チャンネル『MUTV』に登場したスコールズ氏は復帰が迫るポグバに言及。最適解を見いだしつつある中盤の先発陣に返り咲くためにはそれ相応のアピールが必要だと述べ、警告した。

「ポールは今のチームに入っていくために、少しばかりの頑張りが必要だ」

「中断に入る前の選手たち、ネマニャ・マティッチ、スコット・マクトミネイ、フレッジの中盤勢は本当によくやったと言わざるを得ない」

「ポールでも、一筋縄ではいかないだろう。今のチームに戻っていくために、いくらかの努力が必要になってくるはずだ」

「しかし、ポールの能力は誰もが知っている。調子が良ければ、トッププレーヤーだ。良い選手と一緒にプレーするなら、なおさらね」

「それがチームにとっても利益になってくるのは確かだ」

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング