引退後カタールで暮らすエトーが2022年W杯を語る「今後100年の中でも最高の大会になる」

超ワールドサッカー / 2020年6月12日 11時40分

写真:Getty Images

元カメルーン代表のスーパースター、サミュエル・エトーがカタール・ワールドカップ(W杯)について語った。スペイン『マルカ』が伝えている。

レアル・マドリー、バルセロナ、インテル、チェルシーなど数々のビッグクラブを渡り歩き、カメルーン、そしてアフリカ大陸を代表する選手として長年活躍したエトー。ロシア、トルコなどでのプレーを経て2018年8月にカタールSCへ移籍し、2019年9月に同国で現役を引退していた。

現在はカタールとミラノの家を行き来する生活をしているエトーだが、『マルカ』のインタビューで、2022年に開催予定のカタールW杯について言及。これまでにない素晴らしい大会になると太鼓判を押した。

「(ドーハに新しく建設されたスタジアムは)建設中の頃は見に行っていたけど、完成してからはパンデミックのせいで見に行けていないね」

「ただ写真ではスタジアムの様子を見ることはできた。またスパイクを履いてプレーしたいと思わされるほどスゴかったよ。今では自分の庭でサッカーをするだけで5分も持たないけどね。だからW杯はファンとして楽しむ予定だ」

「インフラについては本当に最高のものになる。多くの人がカタールでの開催を非難していたが、2022年のW杯は今後50年か100年の中でも最高の大会になると思う」

「観客や選手はこの大会以上のものを経験することはないと思う」

大会招致の際の汚職疑惑やスタジアム建設の劣悪な労働環境など、様々な問題が付きまとうカタールW杯だが、カメルーンのレジェンドは成功を確信しているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング