ジダンが東京ヴェルディ相手に“マルセイユルーレット”で度肝を抜く【インクレディブル・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年6月12日 12時20分

写真:Getty Images

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。

今回は元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏がレアル・マドリー時代に日本で決めたゴールだ。

現在はマドリーで指揮官を務め、フランス代表としても活躍したジダン氏。現役時代には史上最もエレガントなプレーで選手として過去50年間の欧州最高プレーヤーに選出されただけでなく、個人賞を含め、あらゆる主要タイトルを取り尽くした。

そんなジダン氏は2004に銀河系軍団の一員として来日し、親善試合で東京ヴェルディと対戦した。

試合開始早々の前半8分、左サイドをドリブルで持ち上がったFWロナウドが、ボックスに差し掛かると中央に走り込んだジダンに横パス。するとジダン氏は、詰めてきたDF戸川健太とDFウベダの2人を十八番のマルセイユルーレットで鮮やかに抜き去る。

あっという間にGK高木義成との1対1に持ち込んだジダンは、またぎフェイントでタイミングをずらし、ゴールネットを揺らした。

ジダン氏の優雅なプレーに感嘆した日本のサッカーファンも多いのではないだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング