1部昇格のカディス、元スペイン代表FWネグレドが補強第1号に

超ワールドサッカー / 2020年7月13日 15時50分

写真:Getty Images

来シーズンは15年ぶりにラ・リーガへの昇格が決定したカディスだが、すでに補強第1号の目処が立っているようだ。スペイン『アス』が伝えた。

カディスは、今シーズンのラ・リーガ2部で首位をひた走っていた中、11日に行われたフエンラブラダ戦で敗戦。しかし、12日に行われたレアル・サラゴサvsレアル・オビエドの一戦で、昇格を争う3位のサラゴサが敗戦。この結果、2位以内が確定し、2005-06シーズン以来の1部昇格が決定していた。


そんなカディスだが、すでに来シーズンの補強第一号が決定しているとのこと。カディスのマヌエル・ビスカイノ会長が名前を挙げたのは、元スペイン代表FWアルバロ・ネグレド(34)だった。

ネグレドは、2018年9月からUAEのアル・ナスルでプレー。今シーズンのUAEガルフ・リーグでは17試合に出場し8ゴール5アシストを記録していたが、今シーズン限りで退団することが決定。その後、フリートランスファーでカディスへ加わることになるようだ。

ラージョ・バジェカーノの下部組織で育ったネグレドは、アルメリアやレアル・マドリー、セビージャ、マンチェスター・シティ、バレンシア、ミドルズブラ、ベシクタシュなど多くの国でプレー。ラ・リーガでは264試合に出場し111ゴール36アシストを記録していた。

また、スペイン代表としても21試合に出場し10ゴールを記録。スペイン代表が優勝したユーロ2012では2試合に出場していた。

なお、契約の詳細に関しては数日中に公式発表されるようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング