去就注目ゲッツェ、来季CL参戦のセビージャから視線?

超ワールドサッカー / 2020年7月18日 16時45分

写真:Getty Images

次の活躍先に注目を集める元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(27)に対して、セビージャの視線があるようだ。

ドルトムントと今季限りの契約を巡る延長交渉がまとまらず、満了となり、フリーのゲッツェ。新たな移籍先として、海外を希望しているとされる。

そのなか、ドイツ『スカイ』によると、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権を獲得したセビージャから大きな関心を寄せられているという。

来季のCL参戦が決まり、それに応じて選手層のアップを図るセビージャが非常に興味深い存在として、ゲッツェの獲得を本格検討しているようだ。

31歳の元アルゼンチン代表MFフランコ・バスケス以外に乏しいという新たな10番タイプの選手として、ゲッツェを最適な候補に挙げている模様だ。

この移籍がまとまれば、希望通りの国外移籍に。既報でヘルタ・ベルリンらだけでなく、ローマらも挙がるなど国内外からの関心も囁かれているが、来季はどの国でプレーするのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング