ラツィオ指揮官、CL権獲得に「魔法がかかったような夜」

超ワールドサッカー / 2020年7月24日 9時55分

写真:Getty Images

ラツィオのシモーネ・インザーギ監督が来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に喜びの心境を語った。

ラツィオは23日に行われたセリエA第35節のカリアリ戦に臨み、45分に先制点を献上したが、後半の立ち上がりにセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチのゴールで同点に。60分に記録したイタリア代表FWチーロ・インモービレのゴールで2-1の逆転勝利を収め、3試合を残して4位以内を確定させ、CL出場権を獲得した。

ラツィオを13年ぶりのCL出場権獲得に導いたS・インザーギ監督は試合後、『DAZN』のインタビューで「魔法がかかったような夜だった。13年後にこんなことが起こるなんてイメージし難いものだったが、自信もあった」と述べると、逆転勝ちをこう振り返った。

「正直に言って、追いかける展開だったが、今日は冷静だった。ベンチにも試合の流れを変えられる選手たちがいたからね」

また、セリエAと並行してCLの戦いに挑む来季に向け、今夏の補強を司るスポーツディレクター(SD)のイグリ・ターレ氏に対する信頼を口にすると、チーム編成の必要性を説いた。

「来季は10月から3日置きに試合がやってくる。それに向け、大きなスカッドを用意しておかなければならない。しかし、準備はできていると確信している」

そして、セリエA得点ランキングトップの31得点を挙げるインモービレにも言及。CL出場権を獲得した今、チームとして全力でサポートしていく姿勢を示した。

「我々としては彼にゴールデンブーツを獲得してもらいたい。簡単じゃないだろうが、アシストランキングでトップのルイス・アルベルトがいることを考えると、そこに向かってトライできるはずだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング