元アーセナル・リバプールのペナントが低弾道FKを叩き込む【ビューティフル・フリーキック】

超ワールドサッカー / 2020年8月2日 11時0分

写真:©︎J.LEAGUE

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回はイングランド人MFジャーメイン・ペナント氏がストーク・シティ時代に決めたフリーキックだ。


ノッツ・カウンティ、アーセナルの下部組織で育ったペナント氏は、2001年にトップチームに昇格。その後はワトフォードやリーズ、バーミンガムなどへレンタル移籍を繰り返し、2005年にバーミンガムへ完全移籍。

その後はリバプールとレアル・サラゴサを経て、2011年にストークへと移籍。2013年8月31日に行われたプレミアリーグ第3節のウェストハム戦では、チームに勝ち点3をもたらす見事なFKを決めている。

スコアレスで迎えた82分、このままドロー決着と思われながらも、ストークがゴール正面約25mの位置でFKのチャンスを獲得する。

キッカーを務めたペナントは、相手の壁をギリギリ超える低弾道のシュートは放つと、スピードに乗ったシュートがゴール右へと突き刺さった。

ペナントのFKで先制したストークはそのままリードを守り切り、1-0でタイムアップ。アウェイの地で見事に勝ち点3を持ち帰った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング