リール、アヤックスの若手CBボトマン獲得…退団濃厚ガブリエウの後釜に

超ワールドサッカー / 2020年7月31日 20時8分

写真:Getty Images

リールは31日、アヤックスからU-20オランダ代表DFスヴェン・ボトマン(20)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「5」に決定。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。

なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は800万ユーロ(約10億円)程度になったという。

アヤックスの下部組織で育ったボトマンは、193cmの屈強な体躯を生かした対人守備の強さを特長とする左利きのセンターバック。さらに、アヤックス仕込みの足元の技術、一定のスピードを兼ね備えるなど、伸びしろは十分だ。

2018年にエールステディビジ(オランダ2部)に所属するヨング・アヤックスでプロデビューを飾ると、今季はヘーレンフェーンへレンタル移籍。初挑戦のエールディビジでは、新型コロナウイルスの影響で打ち切りとなるまで、リーグ戦26試合全てに出場し、2ゴール4アシストを記録していた。

海外リーグ初挑戦となる20歳の若武者はリールの公式サイトを通じて新天地での意気込みを語っている。

「リールの選手になれたことをとても嬉しく思うよ。ここでのすべてが僕にとって初めての経験になる」

「元々、ビッグクラブに在籍していたけど、新たなビッグクラブへ加入することになった。すでに顔を合わせた人たち全員が、とても親切にしてくれて歓迎してくれているよ。僕はまだまだ若い選手だけど、新しいクラブをできる限り手助けできるように頑張るよ」

なお、リールではブラジル人DFガブリエウ(22)にビッグクラブ行きの可能性が盛んに報じられており、同じ左利きのセンターバックであるボトマンを獲得したことで、今後同選手の移籍にも動きがある模様だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング