インテルMFブロゾビッチが酔って緊急治療室に乗り込む、今月上旬には飲酒運転&赤信号無視の愚行

超ワールドサッカー / 2020年7月31日 23時15分

写真:Getty Images

インテルのお騒がせ男が、またしても問題を起こしてしまったようだ。

イタリア『ANSA』によると、インテルに所属するクロアチ代表MFマルセロ・ブロゾビッチが、病院の緊急治療室で激怒したとのこと。地元警察にお世話になってしまったようだ。


ブロゾビッチといえば、7月11日、ミラノのナイトスポット近くのカントーレ広場でパトロール中の警察官に止められたとのこと。赤信号を無視した上に、追跡した警察官の制止に応じず数百メートル進んだとのこと。さらには、基準値を超えるアルコールが検出され、ナンバープレートの違反も犯していたことが発覚した。

ブロゾビッチは、これにより10万ユーロ(約1200万円)の罰金が課されていた。

そのブロゾビッチだが、今回は自身の友人である42歳のクロアチア男性が足に軽傷を負ったことで病院を訪れ、より深刻な問題を抱える他の患者を差し置いて、治療するように迫ったという。

報道によれば、ブロゾビッチは今回も酒に酔っ払っていたとのこと。警察が介入し、刑事責任を負う可能性があると警告したところ、落ち着きを取り戻したとのことだ。

なお、ブロゾビッチは、その後、緊急治療室のドクターを含む全ての人に謝罪したという。

今シーズンのインテルでは、セリエAで31試合に出場し3ゴール5アシストを記録。チームのリーグ2位に大きく貢献してきたが、酒がらみの問題行動が立て続けに起こったところを見ると、クラブからも処分が下される可能性はありそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング