カーティス・ジョーンズがプレミアリーグ2の最優秀選手に!

超ワールドサッカー / 2020年8月1日 14時28分

写真:Getty Images

リバプールのU-19イングランド代表MFカーティス・ジョーンズ(19)が、2019-20シーズンのU-23プレミアリーグで最優秀選手賞を獲得した。

今季はトップチームでのプレーも印象的だったカーティス・ジョーンズ。昨年12月のボーンマス戦でプレミアリーグデビューを果たすと、今年7月のアストン・ビラ戦ではプレミア初ゴールも記録。FAカップではエバートン戦とシュルーズベリー戦で2試合連続ゴールを決めていた。

そしてプレミアリーグ2(U-23プレミアリーグ)では14試合で9ゴール5アシストを記録。新型コロナウイルスの影響で打ち切りとなりながらも、主将としてチームを牽引した。

最優秀選手決定を受け、カーティス・ジョーンズは周りの人々に感謝を述べた。

「一緒に働いたスタッフたちに多大な感謝を伝えなければならない。ニール・クリッチリーやバリー・ルータスの2人の監督にもね」

「そしてもちろん、共にプレースタチームメイトも。彼らの活躍も称賛されるべきだ。とても興奮しているよ」

なお、今季のプレミアリーグ2の最優秀選手候補には、チェルシーのMFビリー・ギルモアやダービー・カウンティのFWジャーマル・ヘクター=イングラム、ウェストハムのMFネイサン・ホランドら、カーティス・ジョーンズを含めた6名の選手の名前が挙がっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング