ライプツィヒへステップアップした韓国代表FWファン・ヒチャン、移籍の決め手は?

超ワールドサッカー / 2020年8月4日 15時30分

写真:Getty Images

今夏の移籍市場でザルツブルクからRBライプツィヒへ完全移籍した韓国代表FWファン・ヒチャン(24)がチームに合流。最初のインタビューに応えた。クラブ公式サイトが伝えた。

2019-20シーズンのファン・ヒチャンは、公式戦38試合16ゴール21アシストの見事な数字を残し、オーストリア・ブンデスリーガ7連覇と国内カップ戦のシーズン2冠に大きく貢献。ブンデスリーガへステップアップを果たした。

すでにチャンピオンズリーグ(CL)のベスト8に進出しているライプツィヒだが、ファン・ヒチャンは出場資格を持っていない。しかし、チームに合流し、ポルトガルへの遠征にも帯同するようだ。

同じレッドブル・グループのクラブへ移籍を果たした経緯について、ファン・ヒチャンがコメント。ユリアン・ナーゲルスマン監督の存在が大きかったと語った。

「移籍の前段階でユリアン・ナーゲルスマン監督に会い、彼と詳細な話をした。『ここは素晴らしいクラブだ。ここでプレーしたい』と私は周囲に居心地がすぐに言ったよ」

「ここに居られることをとても嬉しく思うよ。さらに成長したいと思っている。RBライプツィヒは僕にとって正しいステップだと確信している」

また、自身のポジションについてもコメント。何よりも大事なことは、「プレーすること」と語った。

「僕はとても強いです。ゴールを決めるのが好きだけど、1つのポジションだけでなく、他のポジションでの準備もするよ。様々なポジションで快適だと感じる。ウインガー、センターフォワードでもだ。最終的に僕にとって重要なのは、プレーすることでチームを前進させることだ」

新天地で、新たなリーグに挑戦するファン・ヒチャン。目標について問われると、チーム目標が最優先であると強調した。

「自分の個人的な目標は後ろに置いておきたい。チームのために最善を尽くしたい。それが常に最初に来る。だから、選手たちがシーズン開幕前に、リスボンで行われるトーナメントで成功することをの望む」

「残念ながらリスボンではプレーできないけど、チームと一緒に遠征はする。チームは誰もがトーナメントにとても熱心だし、できるだけ勝ち進みたいという意欲を感じた」

なお、ライプツィヒはCL準々決勝で、アトレティコ・マドリーと対戦。13日に行われる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング