「僕らを倒すのは不可能」決定機逸も逆転に導いたネイマールがベスト4進出に喜び

超ワールドサッカー / 2020年8月13日 9時40分

写真:Getty Images

パリ・・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールがチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4進出を喜んだ。『UEFA.com』が伝えた。

PSGは12日に中立地ポルトガルで行われたCL準々決勝でアタランタと対戦。27分にMFマリオ・パシャリッチに先制点を許したが、90分にネイマールの起点からDFマルキーニョスが同点ゴールを奪うと、後半アディショナルタイムにもネイマールが起点となり、FWエリック・マキシム・チュポ=モティングが決勝ゴールを記録。2-1の逆転勝利を収めた。

幾度となく決定機を外したものの、2ゴールの起点となり逆転に導いたネイマールは試合後、「明日家に帰るとは思っていなかった。いつだって、ベスト4進出、それだけを求めていたよ」とこの試合の結果を喜んだ。

また、準決勝については「決勝戦に行きたいという気持ちが頭から離れないね」と勝利宣言。「できることを修正して、次も素晴らしい試合をしなければいけない。僕たちはとても幸せだし、素晴らしい時間を経験している。僕らは恐るべきチームで、ファミリーだ。だから、決勝トーナメントで僕らを倒すのは不可能だと思っている」と語り、あと2勝することを誓った。

なお、25年ぶりにベスト4進出を果たしたPSGは準決勝で13日に行われるアトレティコ・マドリーとRBライプツィヒの勝者と対戦する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング