イブラヒモビッチがミラン残留へ! 年俸約9億円の1年契約、背番号9に

超ワールドサッカー / 2020年8月28日 11時30分

写真:Getty Images

元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)のミラン残留が決定した模様だ。

今年1月に7年半ぶりのミラン復帰を果たすと、半シーズンだけのプレーながらセリエA18試合で10得点を挙げてみせ、ヨーロッパリーグ(EL)出場権獲得となる6位フィニッシュに導いたイブラヒモビッチ。しかし、1年延長オプション付きの半年契約でのミラン入りということで、来季以降の去就が不透明な状況だった。

先日に代理人のミノ・ライオラ氏も依然として話し合いが続いている旨を口にしたが、27日付けのイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ミランと新たに2021年6月までの1年契約締結で全面合意。背番号も「21」から「9」に変更となり、24日から始動するチームに29日にも合流する見込みだという。

また、ミランで新たに受け取るサラリーはボーナスなしの年俸700万ユーロ(約8億8000万円)。イタリア『スカイ』によると、同額はイブラヒモビッチの要求額であり、最終的にミランがその要望に応じた格好だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング