名古屋や大宮でプレーしたリボルノFWシモヴィッチがノルウェー1部クラブに加入

超ワールドサッカー / 2020年8月31日 10時50分

写真:©︎J.LEAGUE

ノルウェーのオッド・グレンランドは30日、リボルノからスウェーデン人FWロビン・シモヴィッチ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。

シモヴィッチは、スウェーデンのマルメの下部組織で育ち、スウェーデン国内クラブでプレー。2016年1月にヘルシンボリから名古屋グランパスへ完全移籍で加入すると、2018年1月に大宮へと完全移籍。4シーズンをJリーグで戦い、明治安田生命J1リーグでは通算29試合で11ゴール2アシスト、J2リーグで通算93試合で32ゴール8アシストを記録していた。

2020年2月にはセリエBのリボルノへ完全移籍。しかし1試合の出場に終わっていた。

なお、シモヴィッチは背番号「22」をつけることとなる。

オッド・グレンランドは、ノルウェーのエリテセリエン(ノルウェー1部)に所属。今シーズンはここまで16試合を戦い、10勝1分け5敗の勝ち点31で3位につけている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング