正確無比のコントロール!名手アラバが決めた完璧なFK【ビューティフル・フリーキック】

超ワールドサッカー / 2020年8月31日 23時45分

写真:Getty Images

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバが決めたフリーキックだ。


2010年にバイエルンでプロデビューを果たしたアラバ。ホッフェンハイムでのレンタル移籍を経て、トップチームに定着すると、サイドバックだけでなく、センターバックや中盤でもプレー。

スピードを活かした攻撃参加と正確なクロスでの貢献に加え、FKの名手としても知られるアラバだが、2019年8月31日に行われた、ブンデスリーガ第3節のマインツ戦では素晴らしいFKを決めている。

1-1で迎えた45分、ゴール正面やや右でバイエルンがFKを獲得する。FKの技術が高い選手が多くいる中でもキッカーを務めたのはDFのアラバ。ゆっくりとした助走からコンパクトな振りでボールを蹴ると、コース、強さともに完璧なFKが瞬く間にゴール右隅に突き刺さり、ゴールネットを揺らした。これには相手GKもお手上げ。まさに完璧なFKだった。

アラバのFKで勝ち越したバイエルンは後半に追加点を加え、6-1で大勝している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング