アーセナルがビッグクラブ注目のリールDFガブリエウを獲得!

超ワールドサッカー / 2020年9月2日 1時30分

写真:Getty Images

アーセナルは1日、リールのU-23ブラジル代表DFガブリエウ(22)の獲得を発表した。契約期間は長期と発表されている。移籍金はイギリス『BBC』によれば2600万ユーロ(約32億9000万円)とのことだ、

ガブリエウは2017年からリールに在籍している190㎝のセンターバック。昨シーズンの後半戦から頭角を表すと、今季は打ち切りとなったリーグ・アンで24試合、チャンピオンズリーグで6試合に出場するなど主力として活躍した。

多くのビッグクラブからの関心を集めていた中、最終的にはアーセナルがナポリとの一騎討ちを制す格好となった。

アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督はガブリエウについて以下のように述べている。

「彼には多才な資質があり、守備のユニットを組む上でより強度をもたらしてくれる存在となる。リールで優れた才能を持っていることを証明していた。我々はアーセナルで彼が更に成長することを楽しみにしているよ」

また、ガブリエウ本人はアーセナルへの移籍について「幾つかのクラブからオファーがあった。家族や代理人とたくさん話し合ったが、アーセナルの伝統と歴史、今後数年間のチームのプロジェクトが、ここに来る決断の要因となった。アーセナルで最善を尽くしたい」とコメントした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング