レガネス加入の柴崎岳がスタジアムと施設を見学!妻の真野恵里菜さんも同行

超ワールドサッカー / 2020年9月4日 22時30分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

デポルティボ・ラ・コルーニャからレガネスへと完全移籍を果たした日本代表MF柴崎岳が、チームの施設を見学した。

柴崎は4日、レガネスと3年契約を締結。2020-21シーズンもセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)で戦うことが決定した。


レガネスは2019-20シーズンのラ・リーガで18位となり、2部への降格が決定。1年でのラ・リーガ復帰へ向けて大事なシーズンを過ごす。

そのレガネスに加入が決まった柴崎は、新たな本拠地となるエスタディオ・ムニシパル・デ・ブタルケのピッチに足を踏み入れた。

その後、スタジアム内を見学。ドレッシングルームも見学するなど、スタジアム施設をチェックした。

また、チームの施設も見学し、トレーニング施設やマッサージルーム、ロッカールームなどを見学。真剣な面持ちで説明を受けている姿が見て取れる。

このクラブの施設見学には妻であるタレントの真野恵里菜さんも同行した様子。動画にも映り込み、夫の新たな職場を見学していた。

柴崎は食堂では笑顔も見せ、新たなクラブでのスタートを楽しみにしている様子が伺える。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング