“銀河系軍団”の一員 “禁断の移籍”をしたバロンドーラー、ルイス・フィーゴ【ピックアップ・プレイヤー】

超ワールドサッカー / 2020年9月10日 20時0分

写真:Getty Images

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。

今回は元ポルトガル代表FWルイス・フィーゴ氏(47)だ。


懐が深く緩急自在な魔法の様なドリブルを最大の武器としつつ、意表を突いたパスで相手の守備を破壊し続けたフィーゴ氏。パウロ・ソウザ、フェルナンド・コウト、マヌエル・ルイ・コスタとともにポルトガル黄金世代の中心を担ったフィーゴ氏は、スポルティングでキャリアをスタートさせた。

1989年からトップチームに昇格すると、1994年にはリーグ最優秀選手、1995年にはポルトガル最優秀選手に選出された。1995年には一度ユベントスと仮契約を結ぶが、その後好条件を掲示してきたパルマとも契約し、二重契約となったフィーゴ氏はイタリアへの移籍が不可能となり、残留も難しい状況であったためバルセロナへと移籍した。

バルセロナ移籍を果たしたフィーゴ氏は、パトリック・クライファート、リバウドらと共に強力な3トップを形成。中心人物としてファンのアイドルに。キャプテンを務め、リーガエスパニョーラとコパ・デル・レイを2度、さらにUEFAカップウィナーズカップを1度制するなど数々のタイトルを獲得した。

しかし、2000年に宿敵レアル・マドリーへ電撃移籍。バルセロナ市内で経営していた日本料理店がバルセロナファンに襲撃されるなど過激なバッシングに遭い、銀河系軍団として臨んだ初めてのクラシコ時には豚の首が投げ入れられた。それでも、フィーゴ氏は後に「バルセロナ時代は最高の日々だった」と回想し、自身をトッププレーヤーに育て上げてくれたクラブへの愛情を口にしている。

マドリーでは、ラウール・ゴンサレスや翌年に加入したジネディーヌ・ジダンらとともに銀河系軍団の一員として活躍。2000年のバロンドールも受賞した。2005年にインテルへと移籍すると、そこでも円熟味を増したドリブルやテクニックで活躍を見せ、2008-09シーズン限りで現役を引退している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング