ゴールデンボーイ候補40名にハーランドやサンチョ、アンス・ファティら!久保は落選…

超ワールドサッカー / 2020年9月17日 2時0分

写真:Getty Images

イタリア『トゥットスポルト』がゴールデンボーイ賞の候補40名を発表した。

『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞選出は、2003年からスタート。欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から選ばれ、2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いていた。

18度目となる2020年も錚々たるタレントが候補入り。候補者は毎月20名ずつが落選していく方式で絞られ、、12月に受賞者が決定する。ノミネートされた100名にはレアル・マドリーからビジャレアルへレンタル移籍中のMF久保建英、AZのDF菅原由勢の2名の日本人が入ったものの、菅原は8月に発表された60名の時点で落選。そして久保も、今回の発表された40名の候補者から落選した。

なお、40名には昨季3冠を果たしたバイエルンのDFアルフォンソ・デイビスやドルトムントのFWアーリング・ハーランド、MFジェイドン・サンチョ、バルセロナのFWアンス・ファティらが選ばれている。

◆2020年のゴールデンボーイ賞候補40選手一覧
マルレー・アケ(マルセイユ)
アディル・アウシシュ(サンテチェンヌ)
ブノワ・バディアシル(モナコ)
ミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン)
マイロン・ボアドゥ(AZ)
デニス・ボルコフスキ(ライプツィヒ)
エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ)
マルコ・カルネセッキ(アタランタ)
ラヤン・チェルキ(リヨン)
ジョナサン・デイビッド(リール)

アルフォンソ・デイビス(バイエルン)
セルジーニョ・デスト(アヤックス)
セバスティアーノ・エスポージト(インテル)
ファビオ・シルバ(ウォルバーハンプトン)
アンス・ファティ(バルセロナ)
フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ)
アミーヌ・グイリ(ニース)
ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス)
メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド)
アーリング・ハーランド(ドルトムント)

カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー)
モハメド・イハッターレン(PSV)
オザン・カバク(シャルケ)
ミハウ・カルボフニク(レギワ・ワルシャワ)
タンギ・クアシ(バイエルン)
デヤン・クルゼフスキ(ユベントス)
マルコス・アントニオ(シャフタール・ドネツク)
ラファエル・カマーチョ(スポルティング・リスボン)
ロドリゴ(レアル・マドリー)
ブカヨ・サカ(アーセナル)

ジェイドン・サンチョ(ドルトムント)
ヴラジスラフ・スプリアハ(ディナモ・キエフ)
ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク)
トーマス・エステベス(ポルト)
トマス・タバレス(ベンフィカ)
サンドロ・トナーリ(ミラン)
フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ)
クリストス・ツォリス(PAOK)
ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー)
ネコ・ウィリアムズ(リバプール)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング