バイエルンの新たな10番サネ、1ゴール2アシストの上々デビュー 「すごく良い日に」

超ワールドサッカー / 2020年9月19日 11時15分

写真:Getty Images

バイエルンのドイツ代表FWレロイ・サネが上々のデビューに喜びの心境を語った。クラブ公式サイトが伝えている。

バイエルンは18日に行われたブンデスリーガ開幕節でシャルケと対戦して、8-0の白星。左ウィングの位置で先発入りのサネは古巣シャルケを相手に1得点2アシストの活躍をみせ、新たな背番号「10」としてもインパクトを残した。

チームが大勝発進を切ったなか、個人としても最高の形でバイエルンでのキャリアをスタートさせたサネ。試合後、チームの快勝スタートとともに、自身の鮮烈な公式戦デビューを喜び、さらなる活躍を誓った。

「すごくハッピーだ。このチームは昨季の段階で、すごく良い選手と連帯感で頂点に立った。3冠を達成したとはいえど、ここの選手たちは今もハングリーだ。ホームでシャルケ相手にこんな形でスタートを切れたのは素晴らしいこと。やっとみんなと一緒にプレーができて、素晴らしい気持ちだ」

「良い試合ができ、たくさんのゴールも生まれ、すごく良い日になったよ。気の緩みも全くなかった。もちろん、僕もフルスロットルで臨みたい思いだが、まだ100%の状態じゃない。常にベストを尽くして、チームが良い戦いをして勝てるようヘルプしていきたい」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング