元日本代表FW森本貴幸がアビスパ福岡と契約解除、再び海外移籍へ

超ワールドサッカー / 2020年9月29日 13時15分

写真:©︎J.LEAGUE

アビスパ福岡は29日、元日本代表FW森本貴幸(32)と双方合意の下で契約を解除したことを発表した。なお、森本は国外クラブへの移籍を検討しており、現在準備を進めているとのことだ。

森本は、東京ヴェルディの下部組織出身で、15歳10カ月6日で公式戦出場。当時の最年少記録だった。15歳11カ月28日で当時のJ1最年少ゴールも記録するなどし、2006年までプレー。同年7月にカターニアへのレンタル移籍を果たし、2007年1月に日本人最年少でセリエAデビュー。その試合で初ゴールも記録した。

そのままカターニアへ完全移籍すると、2011年までプレー。その後はノヴァーラ、アル・ナスルへと移籍し、2013年8月にジェフユナイテッド市原・千葉へと完全移籍で加入。川崎フロンターレを経て、2018年に福岡へ完全移籍していた。

福岡では明治安田生命J2リーグで53試合に出場し7得点を記録。J1通算では62試合で10得点、J2通算では132試合で24得点を記録していた。

森本はクラブを通じて今回の契約解除についてコメント。挨拶ができなかったことを謝罪した。

「急な決定となり、ファン・サポーターの皆さんへご挨拶も出来ずに申し訳ございません」

「アビスパには2年半お世話になりました。皆さんには本当にたくさんのパワーをもらい熱い応援でいつも支えてもらいました。本当にありがとうございました」

「今回の決断については、僕自身あとどれくらい現役でいられるかを意識する年齢に差し掛かり、ここでもう一度、これまでとは違う環境での挑戦をしてみたいという思いで、クラブに相談しました」

「僕の挑戦に背中を押してくれたアビスパにはとても感謝しています。在籍中に目標のJ1昇格は達成できませんでしたが、今年はレベルの高い選手たちが揃っているので、必ず目標を達成してくれると思います。応援しています」

「そして僕自身も皆さんに、活躍のニュースを届けられるよう新しい環境の中、全力で頑張っていきたいと思います。 2年半本当にありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング