【J1注目プレビュー|第29節:神戸vs名古屋】初連勝の神戸が白星を積み上げるか、名古屋はアウェイ連敗ストップなるか

超ワールドサッカー / 2020年9月30日 15時25分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第29節】
2020年9月30日(水)
19:00キックオフ
ヴィッセル神戸(10位/26pt) vs 名古屋グランパス(4位/33pt)
[ノエビアスタジアム神戸]

◆ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴めるか【ヴィッセル神戸】

前節は三浦淳寛新監督の初陣となったが、ホームに北海道コンサドーレ札幌を迎えて4-0と快勝。新体制で好スタートを切ったことは大きなプラス材料だ。

この結果、今シーズン初の連勝となり、ホーム3連戦の最後は名古屋が相手。3節前の19日に対戦したばかりの相手だが、すぐさまリベンジのチャンスが来た。

アンドレス・イニエスタが復帰したことでチームの攻撃に勢いがついている中、素晴らしい連動を見せているのがFW古橋亨梧。2試合連続2ゴールの活躍で、10得点に到達。勢いそのままに昨季超えを達成したい。

チームとしては、やり方に大きな変更はないものの、この連勝で自信は掴んだはず。自分たちが向かうべき方向を信じられれば、個々の能力が高いだけに結果もついてくるだろう。ホーム3連勝で上位浮上へのキッカケを掴みたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:前川黛也
DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳
MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ
FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧
監督:三浦淳寛

◆前回はPK2発で逆転勝ち、アウェイ連敗ストップなるか【名古屋グランパス】

前節はホームに清水エスパルスを迎え、3-1で快勝。今季初の連敗を避けることに成功した。

3節前に対戦した神戸との試合となるが、今節はしっかりと主導権を握って試合を進めていきたいところ。前回対戦は先制を許す展開となっており、PK2つでの逆転と運も味方した。

現在はアウェイで連敗中。今節と次節の浦和レッズ戦はアウェイでの連戦となるため、早いところアウェイで勝利を挙げたい所。神戸は前回対戦とは異なり調子が上向きなだけに、警戒して臨みたい。

ポイントはバランスを取った守備だろう。勢いに乗せると手がつけられなくなる神戸攻撃陣をしっかりとシャットアウトできるか。持ち前の守備の固さをここでも見せたい。

★予想スタメン[4-2-3-1]
GK:ランゲラック
DF:オ・ジェソク、中谷進之介、丸山祐市、吉田豊
MF:稲垣祥、米本拓司
MF:前田直輝、阿部浩之、マテウス
FW:金崎夢生
監督:マッシモ・フィッカデンティ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング