狙いすました一撃!クロアチアが誇るマエストロ、モドリッチのレアル初ゴール【ファースト・ゴールズ】

超ワールドサッカー / 2020年9月30日 20時0分

写真:Getty Images

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。

今回はクロアチア代表MFルカ・モドリッチがレアル・マドリーで決めた最初のゴールだ。


母国でのプロデビューを経て、トッテナムでブレイクを果たしたモドリッチは、2012年夏にレアル・マドリーに加入。中盤の主力として活躍し、チームに欠かせない存在となっている。

ここまでマドリーで公式戦345試合22ゴール55アシストを記録しているモドリッチだが、その記念すべき初ゴールは、2012年11月3日に行われたラ・リーガ第10節、レアル・サラゴサ戦で決めたゴールだった。

マドリーが試合を優勢に進め、3-0とリードして迎えた92分、ゴール前でチャンスを作る。一度は相手にクリアを許すものの、ボックス前にルーズボールが転がると、後方から上がってきたモドリッチがボックス外から走り込みながら左足でシュート。狙いすましたシュートは低い弾道でゴール左のコースに決まり、見事なマドリー初ゴールが決まった。

これでダメ押しの4点目を決めたマドリーが4-0で大勝を収めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング