J2で12位に沈む磐田がフベロ監督と契約解除、2002年J1優勝に導いた強化部長の鈴木政一氏が後任に

超ワールドサッカー / 2020年10月2日 14時4分

写真:©︎J.LEAGUE

ジュビロ磐田は2日、フェルナンド・フベロ監督(46)の退任を発表した。1日に契約解除で合意に至ったとのこと。ダニエル・ルビオルコーチも契約解除となる。なお、後任は強化本部長を務めていた鈴木政一氏(65)が就任する。

スペインのバルセロナ出身のフベロ監督は、パラグアイのグアラニで監督キャリアをスタート。その後、オリンピア、リベルタ、セロ・ポルテーニョといずれもパラグアイの国内クラブの指揮官を歴任していた。


2019年8月に鈴木秀人監督の後任として指揮官に就任していたフベロ監督だったが、チームを立て直せずJ2に降格。今シーズンはここまで23試合を戦い、勝ち点30の12位。昇格圏の2位ギラヴァンツ北九州とは勝ち点差が「15」となっていた。

鈴木氏は、現役時代は磐田の前身であるヤマハ発動機でプレー。2000年に監督に就任すると、FW中山雅史やFW高原直泰、MF藤田俊哉、MF名波浩など黄金期の磐田を率い、2002年にJ1で優勝を成し遂げていた。

その後は、U-20日本代表の監督を務め、2018年にはアルビレックス新潟で指揮を執っていたがJ2第27節の時点で8勝5分14敗の19位と低迷し解任。今シーズンから磐田の強化本部長に就任していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング