鎌田が今季初弾に逆転弾も演出!フランクフルトが逆転勝利!《ブンデスリーガ》

超ワールドサッカー / 2020年10月4日 0時34分

写真:Getty Images

フランクフルトは3日、ブンデスリーガ第3節でホッフェンハイムをホームに迎え、2-1で逆転勝利した。フランクフルトのMF鎌田大地は87分までプレーし、MF長谷部誠はフル出場している。

前節ヘルタ・ベルリン戦では鎌田の2アシストの活躍などで快勝して初勝利としたフランクフルトは、鎌田と長谷部が3試合連続スタメンとなった。

前節バイエルンを撃破する金星を飾ったホッフェンハイムに対し、鎌田が[3-5-2]のトップ下、長谷部が3バックの中央に入ったフランクフルトが押し込む入りとなったが、18分に失点する。

クラマリッチにボックス右へ侵入されると、対応した長谷部が切り返しで外され、左足での華麗なループシュートを決められた。

失点後もボールこそ持つものの攻めあぐねたフランクフルトは目立ったチャンスを作れないまま1点ビハインドで前半を終えた。

それでも迎えた後半、55分に鎌田の今季初ゴールで追いつく。ツバーの左クロスをボックス右で受けたドストが絶妙なラストパスを送り、ゴールエリア左に走り込んだ鎌田が押し込んだ。

その後もドストがGK強襲のシュートを浴びせたフランクフルトは、71分に逆転する。鎌田がドリブルでボックス左に侵入してシュート。これはDFにカットされるも、アンドレ・シウバがルーズボールを拾ってラストパスを送り、最後はドストが押し込んだ。

終盤にかけてはフランクフルトが危なげない試合運びを見せて2-1で勝利。鎌田の活躍でフランクフルトが逆転勝利を飾り、2連勝としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング