大分MF佐藤和弘が松本にレンタル 「泥臭く、最後まで諦めない姿を」

超ワールドサッカー / 2020年10月5日 16時20分

写真:Getty Images

松本山雅FCは5日、大分トリニータに所属するMF佐藤和弘(30)の期限付き移籍加入を発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「38」を着用する。松本の公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「大分トリニータから来ました佐藤和弘です。松本山雅FCのために、泥臭く、最後まで諦めない姿を見せられるように全身全霊をかけて戦いますので、よろしくお願いします」

佐藤はツエーゲン金沢、水戸ホーリーホック、ヴァンフォーレ甲府を渡り歩き、今季から大分でプレー。明治安田生命J1リーグ第7節の清水エスパルス戦でキャリア初のJ1初出場を果たしたが、ここまで5試合の出場にとどまっている状況だった。

加入から1シーズン経たずして出場機会を求めての移籍を決断した佐藤は大分の公式サイトを通じて、感謝の言葉を送り、新天地での活躍を誓った。

「約一年弱という短い間でしたけど大分トリニータの1人としてJ1で戦えたこと、そして素晴らしい仲間やスタッフとサッカーができたことがすごく幸せでした。また大分トリニータに帰ってこられるように、松本山雅FCで結果にこだわって戦ってきたいと思います。ありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング