浦和ユースDF福島竜弥の来季トップ昇格が内定!「日々のトレーニングからガムシャラに」

超ワールドサッカー / 2020年10月7日 16時5分

写真:Getty Images

浦和レッズは7日、ユースに所属するDF福島竜弥(18)の2021シーズントップチーム昇格内定を発表した。

宮崎県出身の福島は身長175㎝、体重73㎏のDF。クラブは同選手を「闘争心があり、スピードを武器にするサイドバック。対人が強く、思い切りの良いオーバーラップも特長」と評価している。

高円宮杯 JFA U-18 サッカープレミアリーグ 2020では副キャプテンの一人としてチームを牽引している福島。昨年9月には二種登録され、トップチームの練習にも参加した経験もあるが、今後のプロデビューに向けて大きな期待を寄せている。

「小さい頃からの夢であったプロサッカー選手を、浦和レッズという偉大なクラブでスタートできることを、大変うれしく思います。これまで自分を育ててくれた小学校、中学校時代の指導者の方々、浦和レッズ、そして家族には、本当に感謝しています。これからも常に謙虚で、誰にも負けない熱いおもいを胸に全力で取り組んでいきます」

「1日でも早くファン・サポーターのみなさんの前でプレーできるよう、日々のトレーニングからガムシャラにがんばっていきます。みなさん、応援よろしくお願いします」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング