【J1注目プレビュー|第21節:FC東京vsG大阪】G大阪最大の“鬼門”アウェイFC東京戦、2001年以来の勝利で6連勝なるか

超ワールドサッカー / 2020年10月10日 11時30分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第21節】
2020年10月10日(土)
14:00キックオフ
FC東京(2位/44pt) vs ガンバ大阪(4位/38pt)
[味の素スタジアム]

◆ビッグマッチで勝利、緊張感を持続できるか【FC東京】

ミッドウィークにはYBCルヴァンカップ準決勝の川崎フロンターレ戦を戦い、0-2で勝利。見事、決勝に駒を進めタイトル獲得に一歩近づいた。

“多摩川クラシコ”でのライバルでありながら、最近は苦杯を舐め続けていた相手。さらに、今シーズンのJリーグで圧倒的な強さを見せている首位チーム相手に無失点で勝利したことは、チームにとって大きなプラス材料となった。

一方で、全力を投じた試合の後というのは難しいことが常々ある。緊張感から解放される時間は短かったが、いかにその集中力を持続させるかだ。

長谷川健太監督にとっては勝手知ったる相手。5連勝中の相手とはいえ、ここで負けるようではタイトルとは言っていられない。緊張感を持って、集中力を保ってプレーできるかがカギとなる。

特に公式戦3戦連続クリーンシート中。リーグ戦も連勝で2位に浮上したこともあり、しっかりと3連勝を狙いたい。堅守と隙を突くカウンターで勝利なるか。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:林彰洋
DF:中村拓海、渡辺剛、森重真人、小川諒也
MF:アルトゥール・シルバ、髙萩洋次郎、安部柊斗
FW:ディエゴ・オリヴェイラ、永井謙佑、レアンドロ
監督:長谷川健太

◆怒涛の5連勝、ACL出場権獲得へ負けられない一戦【ガンバ大阪】

ミッドウィークに延期されていたサガン鳥栖戦をアウェイで戦い、1-2で勝利。リーグ戦の連勝を「5」に伸ばすことに成功した。

過密日程、さらに移動距離も長いアウェイ連戦ということもあり、ターンオーバーして臨んだ試合だったが、FW渡邉千真がJ1通算100ゴールを達成するなど、しっかりと起用された選手が結果を残すことに成功した。

前々節はホームに鹿島アントラーズを迎えて2-0と勝利。4試合連続ドローという相手にもしっかりと結果を残し、前節はアウェイ戦1勝6敗だった鳥栖でも勝利。この連勝中は“鬼門”を突破し続けてきた。

そして今節のFC東京戦。アウェイゲームで最後に勝利したのは2001年のこと。そこから5分け11敗とまさに“鬼門”となっている。さらに、元指揮官の長谷川監督が率いていることもあり、近年はより突破が難しくなっている状況だ。

前回対戦は1-3とホームで敗れているが、当時と今のG大阪は別チーム。自信を持って“鬼門”を突破し、6連勝を目指す。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、昌子源、キム・ヨングォン、藤春廣輝
MF:小野瀬康介、井手口陽介、山本悠樹、倉田秋
FW:パトリック、宇佐美貴史
監督:宮本恒靖

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング