【J1注目プレビュー|第21節:柏vs神戸】新体制で5連勝を目指す神戸、中2日の柏はどう迎え撃つ

超ワールドサッカー / 2020年10月10日 12時30分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

【明治安田生命J1リーグ第21節】
2020年10月10日(土)
15:00キックオフ
柏レイソル(7位/33pt) vs ヴィッセル神戸(9位/32pt)
[三協フロンテア柏スタジアム]

◆決勝進出の勢いを持ち込めるか【柏レイソル】

ミッドウィークにYBCルヴァンカップ準決勝の横浜F・マリノス戦を戦い、0-1で勝利。決勝に駒を進めた柏。虎の子1点を守る厳しいゲームとなったが、見事にミッションを成し遂げた。

そこから中2日、激戦の余韻が残る中でのリーグ戦。勢いを持って戦いたいところだ。

前節はアウェイで横浜FCを相手に0-3と快勝。内容も良く、リーグ戦で連敗しなかったことも大きい。その結果がルヴァンカップに繋がったとも言える。

今節の相手は神戸。日程面では相手は1週間空いているだけに、コンディション面では上回られるだろう。さらに大幅なターンオーバーができる人員がケガにより整っていない状況。リーグ戦でも上位グループに残るためには負けられない戦いとなる。

決勝進出の勢いを持って戦うか、それとも息切れしてしまうのか。昇格1年目ということを忘れさせる戦いをここまで見せている柏だが、今シーズンの正念場と言えるだろう。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:キム・スンギュ
DF:川口尚紀、大南拓磨、古賀太陽
MF:北爪健吾、大谷秀和、三原雅俊、三丸拡
MF:神谷優太、江坂任
FW:オルンガ
監督:ネルシーニョ

◆新たな船出は視界良好、5連勝なるか【ヴィッセル神戸】

前節はアウェイでの横浜FMとのゲームとなったが、2-3で勝利。三浦淳寛新体制での連勝を「3」に伸ばした。

その横浜FM戦は、決して内容が良かったわけではない。むしろ攻撃面では押し込まれる一方となり、浴びたシュートは「26」。それでも2失点で凌いで勝利を収めた。

一方で、攻撃陣はシュート数がたったの「3」。しかし、それで3ゴールを奪っていることは大きなポイントだ。チャンスをしっかり仕留めることができれば、多くのチャンスがなくても勝てるということ。チームとしては大きな自信となったはずだ。

コンディション面では相手よりも試合間が空いているため上回れる状況。その点も踏まえて、しっかりと準備をしてきたはずだ。強力な攻撃陣をいかに封じるか。一方で、アンドレス・イニエスタを中心とした攻撃でどう上回るか。ACLも再開することとなり、さらなる過密スケジュールがこの先くるだけに、しっかりと連勝を伸ばして勝ち点を積み上げたい。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:前川黛也
DF:西大伍、ダンクレー、トーマス・フェルマーレン、酒井高徳
MF:山口蛍、セルジ・サンペール、アンドレス・イニエスタ
FW:郷家友太、ドウグラス、古橋亨梧
監督:三浦淳寛

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング