6番や8番に強いこだわりを見せる鎌田大地「9番は違和感」目標とする選手はシティのあの選手

超ワールドサッカー / 2020年10月12日 19時32分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

フランクフルトに所属する日本代表MF鎌田大地が11日にメディア取材に応じた。

今回が通算4度目の招集となった鎌田。先日行われた親善試合のカメルーン代表戦は20分の出場にとどまり、結果を残すことは出来なかった。

インタビューでは、まずは2シャドーの一角として起用されたその一戦を振り返っている。

「前半は苦しい戦いをしていましたが、後半は相手が前に出てきたということもあり、少しスペースが出来て、最後は日本が主導権を握って攻め続けることが出来たと思います。スペースもかなり空いてたので、前半は途中で入るのは難しいと思ってましたが、意外とすんなり入れました」

「ボール自体はうまく回っていたと思うし、日本がやりたいようなことはできていたと思います。悪くはなかったですが、僕自身はシュートを打つ機会がなかったのでもう少しうまく関われたらなと」

今回の日本代表では9番を背負うが、鎌田は6番や8番の選手だと強調。自身の特徴からヨーロッパで結果を出すにはインサイドハーフなどトップ下のポジションしかないと考えていることを明かした。

「それはサガン鳥栖の時からで、代表は別ですがヨーロッパの上のクラブでやるにはこのポジションしかないと思っていました。足も速くないので、ヨーロッパでスピードで仕掛けるのは難しい。だから6番や8番でやりたいとはずっと考えていました。フランクフルトでは10番タイプですが役割は基本的に6番や8番、僕自身がやりたいことにかなり近づいているし、そうやっていかないと上にはいけないと思います」

また、同ポジションで高みを目指していく上で、目標としている選手にマンチェスター・シティで活躍するベルギー代表MFケビン・デ・ブライネや、同じくシティで数々のタイトルを獲得してきた元スペイン代表MFダビド・シルバの名前を挙げた。

「中盤でも得点に絡むのは意識しています。今時の選手だとデ・ブライネやダビド・シルバが目標です。強いチームではインサイドハーフの選手は結構攻撃的な選手が多いので、守備が出来ないというイメージがありますが、上手い選手は守備も上手いので、僕もそういう風に慣れたらいいなと、一番の理想です」

「クラブでは守備の部分は意識してやってて、デュエルの勝率も高くなってきています。監督にも守備をやってくれと言われていて、守備を頑張って走る量を増やして対人に勝つことを意識しています」

最後に日本代表でワントップに立つことに「自信はない」と正直に告白した鎌田は、9番という背番号に違和感があることも明かしている。

「(ワントップは)自信は正直ないです。2試合ほどFWで出てかなり難しかったです。でも日本代表ならヨーロッパでやるより可能性はあるかなと。代表のワントップはうまく周りの選手を使う役割なので少し特殊。監督がそこにチョイスするなら頑張ってやります」

「僕自信9番は背負ったことは初めてなので違和感はあります。周りからも言われますね」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング