【日本代表プレビュー】ハイレベルな戦いで、しっかりとトライし課題を見つけられるか《国際親善試合/日本vsコートジボワール》

超ワールドサッカー / 2020年10月13日 12時35分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

13日、国際親善試合で日本代表はコートジボワール代表と対戦する。

約1年ぶりの代表活動となった今回のオランダ遠征。オールヨーロッパ組で臨んだ今回の活動では、9日にカメルーン代表と対戦し、0-0のゴールレスドローに終わった。

立ち上がりからアグレッシブな姿勢を見せた日本は、カメルーン相手にハイプレスを敢行。その圧力にカメルーンディフェンス陣はたじろいでいたが、時間の経過とともにプレス回避を行い、ポゼッションを高めていった。

日本は前からのプレスを継続したが、前線の4人とボランチより後方の連動がうまくはかれずにボールを奪えない時間が続く。また、ボールを奪えても攻撃に移る際のパス精度が低く、リズムを掴めないまま前半を終えていた。

後半にはシステムを3バックに変更し、プレスがハマる形となったが、カメルーンのプレス強度も高く、またリーチの長さに苦戦した。結局、この試合のラストプレーが最も決定機であったが、試合はスコアが動かずに終わった。

◆収穫と課題を確認する戦い


カメルーン代表戦から中3日、よりレベルが高いと見られるコートジボワールと日本は対戦する。コートジボワールとは2014年のブラジル・ワールドカップ以来の対戦。当時とはメンバーも一新され、全く別のチームとなっている。

カメルーン戦でも感じたように、今回はヨーロッパでプレーしている選手が中心となっているため、相手のコンディションも良い状況。日本で行う親善試合とは訳が違う。さらに、トップクラブでプレーする選手も数多く招集されており、カメルーン戦以上に日本にとっては強化が期待できる試合となりそうだ。

日本としては、カメルーン戦で良かった部分をさらに磨く一方で、課題をしっかりと改善して臨みたいところ。森保一監督も前日会見で「チームの強化となるようにしっかりトライしていきたい」と意気込んでいた。

守備面ではアグレッシブにボールを奪う姿勢は継続したいところ。よりボールを奪いにくくはなるだろうが、それでも継続すべき点だ。一方で、前後の距離感という部分では改善が必要だ。前線から追うのであれば、全体としてしっかりと連動すること。単発のプレスで奪えるほどレベルは低くなく、カメルーン戦からの改善という点でも、連動感を持ってプレーしてほしい。

また、攻撃面ではボール奪取からのプレーに雑さが見られた。素早く攻撃することと雑になることは違い、しっかりとマイボールにした際に攻撃を組み立てるクオリティが欲しいところ。特にワールドカップなどの本大会では多くのチャンスが得られる可能性は少ないため、大胆にプレーしながらも精度を高めていきたい。そういった意味で、今回のコートジボワール戦は大きな気付きを得られる試合となるだろう。

◆日本対策もバッチリ?

対するコートジボワール代表は、8日にベルギー代表と国際親善試合を戦い、1-1のドロー。一定の結果を残して、日本代表との一戦に臨んでくる。

ベルギー戦では主力選手がプレーしていた中で、ケガ人も出たとのこと。パトリス・ビューメル監督は「合宿が始まって1週間経っていないが、最初25人で合宿を始めて、治療のためにクラブに戻る選手がいる」と語り、発表されたメンバーは21名。プレミアリーグでも結果を残しているFWウィルフリード・ザハ(クリスタル・パレス)がメンバー外となった。

数選手を欠くこととなったコートジボワールだが、「我々は日本のプレーについて分析済みだ」とビューメル監督がコメント。カメルーン戦も見たといい、「カメルーン戦は見たが、日本は最初から最後まで衰えることなく前からプレスをかけるチーム。そのことについて、私はミーティングで選手にすでに伝えてある」と、すでに日本対策もバッチリの様子だ。

ベルギー戦からは中4日と空いており、選手たちのコンディションも問題はない。本気のコートジボワール代表と対戦できる格好のチャンスとなりそうだ。

日本戦のポイントについても「ボールのないところでのプレー、チームに対してどういったプレーができるかを選手に求めている」とし、ポジショニングやチーム全体の連動というところをテーマに戦うようだ。

◆予想スターティングメンバー[4-2-3-1]

GK:権田修一
DF:室屋成、吉田麻也、冨安健洋、安西幸輝
MF:遠藤航、柴崎岳
MF:久保建英、鎌田大地、三好康児
FW:鈴木武蔵
監督:森保一

2試合目となるこの試合でもたいせn先ずは[4-2-3-1]で臨むと予想する。森保監督は「コートジボワール戦でも3バック、4バックという形で、トライしたいと思っている」とコメントしたが、スタートは4バックと予想する。

GKはカメルーン戦と同じ権田修一(ポルティモネンセ)と予想。最終ラインは右サイドバックの酒井宏樹(マルセイユ)に代えて室屋成(ハノーファー)を起用すると予想。その他の、吉田麻也(サンプドリア)、冨安健洋(ボローニャ)、安西幸輝(ポルティモネンセ)は継続すると予想する。

また中盤に関してもボランチは柴崎岳(レガネス)が継続して起用され、相棒は遠藤航(シュツットガルト)になると予想。カメルーン戦で好プレーを見せていた中山雄太(ズヴォレ)の活躍が刺激になっていることだろう。

また、2列目には右に久保建英(ビジャレアル)、中央に鎌田大地(フランクフルト)、左に三好康児(アントワープ)が入ると予想。カメルーン戦とは一新すると考える。右サイドは伊東純也(ヘンク)の起用も見てみたいが、3バックを試すタイミングで投入した方が効果的と考えた。スタートから3バックであれば伊東が先発するだろう。

そして1トップには鈴木武蔵(ベールスホット)を予想する。大迫勇也(ブレーメン)がカメルーン戦のみで帰国し、純粋なFW登録選手は鈴木だけ。南野拓実(リバプール)の1トップ起用もあり得そうだが、ここは鈴木にチャンスを与えると予想する。

何れにしても3バックも試したいと語っていた森保監督。多くの選手にプレー機会を与えたいとも語っていただけに、選手交代にも注目だ。

◆成長につながるトライを


約1年ぶりの代表活動もこのコートジボワール戦で終了。選手たちは各クラブへと戻り、再び自分磨きへと動き出す。そこでどう成長するかを考えるためにも、このコートジボワール戦が持つ意味は大きい。コンディションが整っているアフリカ勢と対戦できる機会はほとんどないものの、ワールドカップに出場すれば必ずと言っていいほどどこかと当たる。そのためにも、この2試合で得られるものは非常に大きいものとなる。

チームとしてのバランス、ベースとして目指すものを確認することはもちろんのこと、トップレベルのコンディションの良い相手にチームとしてどう戦うのか。ピッチ上での対応力も含めて、カメルーン戦よりも良いものを見せられるかに期待したい。

「4バックにしても3バックにしても、積み上げなければいけないことを確実にやりながら、ミスが起きてもポジティブにやっていきたい」と森保監督はコメントした。ピッチに立つ選手たちには、臆せず、しっかりとトライする姿を見せてもらいたい。コートジボワール代表戦は、13日(火)23時45分にキックオフを迎える。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング