「ガッカリしている」ハイレベルな試合を展開もラストのセットプレーで敗れたコートジボワール監督「胸を張ってさらに先に進む」

超ワールドサッカー / 2020年10月14日 5時55分

写真:©︎JFA

13日、日本代表は国際親善試合でコートジボワール代表とオランダで対戦し、1-0で勝利した。

前半からインテンシティの高い入りを見せた日本は、カメルーン戦からの反省を生かし、守備でイニシアチブを取ることに成功。良いペースで試合を進めながら、後半アディショナルタイムまで0-0の状況だったが、終盤に途中出場した植田直通がセットプレーからダイビングヘッド。これが決勝点となり1-0で勝利を収めた。

最後の最後で失点を喫し、敗戦となってしまったコートジボワール代表のパトリス・ビューメル監督が試合後の記者会見に出席。土壇場での敗戦を悔やんだ。

◆パトリス・ビューメル監督(コートジボワール代表)

──タイトでしまったゲームが最初から最後まで続いたが、今日の試合を振り返って

「最初は非常に後悔が残る気持ちだった。立ち上がりも悪くなく、後半も我々のペースで試合が進んでいた。最後アディショナルタイムでセットプレーから失点したことは、非常にフラストレーションが溜まるものだ」

「この合宿中に我々は強い精神をチームで作り上げてきたので、最後こういった失点を喫してガッカリしている」

────試合前には、日本を分析済みと言っていたが、試合を振り返って分析通りだったところと、苦戦したところがあれば

「まずは非常に良い試合だった。両チームの全員が試合に関与していたし、非常に接戦だった。日本は組織だった非常に良いプレーをした。まずは、日本におめでとうと言いたい」

「もちろん、コートジボワール代表の監督なので自分たちのことを見なくてはいけないが、こんな形で失点してしまったことは残念だ。しかし、この結果を受け入れて下を向いて進むのではなく、気持ちを切り替えて前に進むことが大事。とにかく、日本のチームにはおめでとうと言いたい」

────前半の終盤にシステムを変えたように見えたが、どういう変化があったか

「コスヌのポジションを変えたのは、日本の選手がライン間に結構入ってきて、ダブルボランチが引かざるを得なく、攻撃の形が作れなくなっていた。コスヌをアンカーの位置に上げることで、ボールをうまく配球できるように置いた」

「結果、攻撃的になり、後半になってからは上手く攻撃を組み立てるようになった。ちょっと攻撃的に出過ぎた分、カウンターを受けてしまったので、そこは少し気になる部分だ」

「選手は良いプレーをしてくれたが、最後まで非常にフィジカルも良かったし、戦術も選手のフォーメーションを含めて良い試合だった。ただ、選手には集中力を持つようにずっと言ってきたが、最後のセットプレーのシーンで集中力を欠いての失点ということで、そこは試合を台無しにしてしまった。そこは残念に思っている」

──タレントがいた中で、ゴールを決めきれなかった理由は

「今回は10日しか時間がなく、8回しか練習していない状況でベルギー戦と日本戦の2試合を戦った。守備、中盤、攻撃、ゴール前のシチュエーションという練習をそこまでする時間がなかった」

「攻撃は個人のタレントの力が必要になる部分はあったが、練習ができなかったので選手たちに一番要求したのはメンタリティ。強いメンタリティでプレーすることを選手に非常に求めた」

「負けたとは言っても頭を下げて自信を失うのではなく、胸を張ってさらに先に進んで欲しい」

「クアメやディオマンデ、コスヌは未来がある選手なので、彼らが頑張ってくれることを願っている」

「ベルギーは世界No.1のチーム、日本はアジアNo.1のチームなので、インターナショナルマッチとなるといくら前線にタレント、個人の力があっても簡単にゴールは決めさせてもらえない」

「今回結果が伴わなかったことは残念だが、しっかり今後もやっていきたい。修正して次に繋げていきたいと思っている」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング