川崎F、試合巧者ぶりを見せつけ善戦の広島から白星!2度目の10連勝達成!《J1》

超ワールドサッカー / 2020年10月14日 21時0分

写真:©︎J.LEAGUE

明治安田生命J1リーグ第22節、サンフレッチェ広島vs川崎フロンターレが14日に行われ、0-2でアウェイの川崎Fが勝利した。

前節の清水エスパルス戦の勝利で1カ月ぶりの連勝を収めた広島(勝ち点31)は、ここ5試合で3勝1分け1敗と好調。前回の連勝を止められたのは他でもない川崎Fで、等々力陸上競技場で行われた一戦では5-1の大敗を喫した。

一方の川崎F(勝ち点59)は、前節はベガルタ仙台に辛勝し、目下9連勝中。今季2度目の10連勝を目指してエディオンスタジアム広島に乗り込んだ。

前節からスタメンを3人入れ替えた広島に対し、大幅に8人を変更した川崎Fは、相手に初シュートを許しながらも10分にビッグチャンスを迎える。

GKチョン・ソンリョンのロングフィードが一人最前線に張っていたレアンドロ・ダミアンに繋がると、これがカウンターとなり一気にボックス内へ。大ピンチを迎えた広島は最終ラインの荒木、懸命に戻ってきた佐々木の2人で守り切り、シュートを打たせなかった。

チャンスを逸した川崎Fは今度はパスワークから広島を翻弄。13分にボックス中央の齋藤がシュートチャンスを迎えるが、惜しくも左に外れた。

さすがの力量を見せ付けられる広島も15分、敵陣でのボール奪取の流れから、左サイドから上がったクロスをレアンドロ・ペレイラがハーフボレー。だが、やや当たり損なったシュートは枠を捉えることが出来なかった。

24分にはレアンドロ・ペレイラのポストプレーからカウンターを発動。快足を生かして左サイドを駆け上がった浅野がフィニッシュまで持ち込んだが、シュートはGKに弾かれた。

中盤での攻防が激しくなる中、川崎Fは30分に田中がボックス手前からGKを強襲。広島も36分にアタッキングサードでの巧みなパス回しから、最後はレアンドロ・ペレイラがシュートを放ったが、GKチョン・ソンリョンに防がれた。

その後はアウェイチームが何度かゴールに迫りながらも、試合はゴールレスで後半へ。その立ち上がり、広島は川崎F顔負けのパスワークで左サイドを攻略。ボックス左から上がったクロスをレアンドロ・ペレイラが頭で合わせたが、惜しくも枠を捉えられず。

そんな中、55分に川崎Fは交代カードを切る。脇坂と齋藤を下げて三笘と旗手を投入したその直後、左サイドを個人突破した登里からクロスが上がると、レアンドロ・ダミアンが強烈なヘディングシュートを突き刺し、ゴールをこじ開けた。

交代で気が緩んだところを突かれてしまった広島。それでも素早く攻勢を強めた60分、右からのクロスのこぼれ球をダイレクトで狙った森島のシュートがクロスバーを直撃。続けざまに青山が放ったミドルシュートはサイドネットを叩いた。

ホームチームはこの勢いのまま、茶島を下げて柏を投入。その柏に見せ場が訪れたのは70分過ぎ。ロングボールが繋がり、左からクロスを供給。ふわりとしたボールは一度はね返されるも、素早く森島が狙ったヘディングシュートは枠を捉えた。

ゴールの雰囲気も感じさせる広島は73分に森島と浅野を下げてエゼキエウと松本大弥を投入。松本は8月23日の横浜F・マリノス戦以来3試合目の出場となる。

76分に得た右CKでは、その松本がキッカーに。下がりながら合わせた野上のヘディングは、GKチョン・ソンリョンにビッグセーブに遭った。

淡々と守る川崎Fは、82分に殊勲のレアンドロ・ダミアンを下げて小林をピッチへ。しかし、その3分後、小林が負傷し続行不可能に。担架で運ばれながら、宮代との交代を余儀なくされた。

その後は広島の猛攻を絶え凌ぐ川崎F。5分の後半アディショナルタイムが取られた中、敵陣右サイドで得たFKのリスタートから、ボックス右に走り込んだ旗手にパスが繋がると、粘り強く繫いだパスを三笘が豪快に突き刺し勝負あり。

首位の力を見せ付けた川崎Fが善戦した広島を下し、10連勝を収めた。

サンフレッチェ広島 0-2 川崎フロンターレ
【川崎F】
レアンドロ・ダミアン(後11)
三笘薫(後50)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング