アグエロがアーセナル相手に決めたハットトリック!今夜の試合は不在が確定【ハットトリック・ヒーローズ】

超ワールドサッカー / 2020年10月17日 18時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)

サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたハットトリックだ。


昨シーズン終盤に負った左ヒザのケガで長期離脱中のアグエロ。17日に行われるプレミアリーグ第5節のアーセナル戦には出場できないが、2019年2月3日に行われたプレミアリーグ第25節では、アーセナル相手にハットトリックの大活躍を見せていた。

開始40秒過ぎ、相手陣内ボックス左で持ち出したボールを奪ったDFアイメリク・ラポルテが絶妙なクロスを入れると、これをゴール前のアグエロがダイビングヘッドで合わせ、電光石火の先制点を奪う。

シティはその後同点に追いつかれるも、前半終了間際に鮮やかなコンビネーションプレーで勝ち越しに成功する。44分、左サイドに張るFWラヒーム・スターリングがボールを受けると、ここからMFイルカイ・ギュンドアンとのワンツーでボックス左に抜け出したスターリングのワンタッチクロスをファーでフリーのアグエロが難なく流し込んだ。

さらに61分、ボックス左で縦に仕掛けたスターリングの低い高速クロスをGKレノが弾くと、ゴール前に詰めたアグエロの左手に当たったボールがそのままゴールネットを揺らす。アーセナルはハンドを主張するもゴールが認められアグエロのハットトリックとなった。

17日の試合では、アグエロに加えてFWガブリエウ・ジェズスも離脱中。他にも複数選手が代表ウィークで負傷しており、アーセナルとしては勝ち点を奪うチャンスだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング