ゲッツェがPSVデビュー戦で早速ゴール! 初の国外挑戦は上々の滑り出し

超ワールドサッカー / 2020年10月19日 3時6分

写真:Getty Images

元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)がPSVでのデビュー戦となった18日のズヴォレ戦で早速ゴールを記録した。

これまでドルトムント、バイエルンという世界屈指の名門に在籍してきたゲッツェは、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)決勝のアルゼンチン戦ではドイツ代表を世界王者に導く決勝点を挙げるなど、華々しい活躍を見せてきた。

しかし、近年はパフォーマンスが上がらず、ベンチを温める機会も多く昨シーズン限りでドルトムントを退団。そして、国内外を中心に多くの選択肢があった中、今月6日にオランダ屈指の名門PSVへの加入を決断。自身初の国外でのプレーとなった。

そして、加入から約10日後となったインターナショナルマッチウィーク明けのエールディビジ第5節のズヴォレ戦で早速デビューを飾った。[4-4-2]の右サイドハーフでのプレーとなったゲッツェはいきなり仕事を果たす。相手右サイドバックの不用意なGKへのバックパスを抜け目なく狙うと、GKの寸前でボールをかっさらって無人のゴールへ流し込み、わずか9分で新天地での最初のゴールを挙げた。

その後は大きな見せ場こそなかったものの、終始落ち着たプレーを見せた百戦錬磨のゲームメーカーは、チームが3点リードの67分にお役御免でデビュー戦のピッチを後にした。そして、チームはこのまま同じスコアを保って試合を締めくくり、デビュー戦ゲッツェの決勝点により、3-0で快勝した。

なお、同試合ではズヴォレ側でMF中山雄太、ファン・ウェルメスケルケン際の日本人2選手がフル出場していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング