ザッケローニ元監督がキャリアでの後悔を明かす「唯一の後悔はイブラを指導できなかったこと」

超ワールドサッカー / 2020年10月20日 9時45分

写真:Getty Images

かつて日本代表も率いたアルベルト・ザッケローニ氏が、監督キャリアでの後悔を口にした。イタリア『イル・ジョナーレ』が伝えた。

2010年9月から2014年6月まで日本代表を率い、2014年のブラジル・ワールドカップに出場したザッケローニ氏。それまではイタリア国内のクラブで指揮を執り、ミラン、ラツィオ、インテル、ユベントスなど強豪でも指揮を執っていた。

2017年10月から2019年1月まではUAE代表を指揮していたが、その後はフリーに。そして先日、監督業からの引退を発表していた。

そのザッケローニ氏が、『イル・ジョナーレ』のインタビューに応じた中、監督キャリアでの後悔を口に。それは、現在ミランでプレーする元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを指導できなかったことだとした。

「(オリバー・)ビアホフから(ジョージ・)ウェア、アドリアーノまで、キャリアの中で偉大なチャンピオンを指導してきたが、唯一後悔しているのは(ズラタン・)イブラヒモビッチを指導したことがないことだ」

「彼は不変であり、なぜ彼がバロンドールを受賞できていないのか理解できない。イタリアでは、彼はロナウドよりも危険な存在だ」

「彼が来て以来、多くの若い選手が急激に成長したことは偶然ではない」

「彼はゴールを決めるだけでなく、チームメイト全員に自信を与え、困難な瞬間には全てを背負って解決してしまう」

また、開幕から4連勝で首位に立っているミラン。2010-11シーズン以来のスクデット獲得についても言及。その可能性があると語った。

「名前は重要ではないが、ピッチ上で今のミランが90分間表現するものは、他のチームよりも優れている。ロッソネリはとてもコンパクトだ」

「紙面の上ではインテルやユベントスのように、より良いチームがいくつかある。しかし、その優位性は偶然ではない」

「ミランは同じ監督でスタートし、動揺もなく、継続性があることが良い方向に働いている。彼らは最後まで良い位置に居られるだろう」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング