清水の高卒ルーキーMF鈴木唯人がプロA契約に変更「ここは通過点にすぎません」

超ワールドサッカー / 2020年10月20日 14時54分

写真:©︎J.LEAGUE

清水エルパルスは20日、MF鈴木唯人(18)の契約をプロC契約からプロA契約に変更したことを発表した。

今シーズン市立船橋高校から清水に加入した鈴木は、ここまで明治安田生命J1リーグで20試合、YBCルヴァンカップで2試合に出場していた。

クラブの発表によると、8月29日に行われた明治安田生命J1リーグ第13節の川崎フロンターレ戦で通算試合出場時間がプロA契約締結条件である450分に達し、A契約を締結したとのことだ。

鈴木はクラブを通じて、プロA契約締結についてコメントしている。

「清水エスパルスでA契約を締結することができ、大変嬉しく思います。ただ、ここは通過点にすぎません。より一層引き締めて、謙虚にひたむきにエスパルスを勝利に導ける選手になれるよう日々努力していきます」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング