クラブ1万ゴール目を記録したジョタ「記録よりもチームの勝利が大事」

超ワールドサッカー / 2020年10月28日 13時50分

写真:Getty Images

リバプールのポルトガル代表FWジオゴ・ジョタが個人のゴールよりもチームの勝利が大事だと語った。クラブ公式サイトが伝えた。

リバプールは27日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でミッティランと対戦。55分にジョタが先制点を記録すると、試合終了間際にFWモハメド・サラーが追加点を挙げて、2-0の勝利を収めた。

この試合でDFトレント・アレクサンダー=アーノルドのアシストからチーム1万ゴール目を記録したジョタ。試合後には、記録よりも、チームの勝利の方が重要だと述べた。

「これでスタートだ。ゴールを決めて、チームの勝利に貢献できたことが嬉しい。その記録を達成できるのはいつだって良いことだけど、今日の勝利にはより満足している」

「アウェイ(アヤックス戦)で良い感じに勝利した後、ポイントを追加することが重要で、僕たちは自分たちの仕事をした。一番大事になのは3ポイントを獲得して次の試合に向けて準備を整えるることだ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング