エバートン、一発退場ディーニュの処分が軽減!出場停止は1試合に

超ワールドサッカー / 2020年10月28日 14時53分

写真:Getty Images

エバートンに所属するフランス代表DFリュカ・ディーニュの出場停止処分が軽減された。クラブが27日に発表している。

ディーニュは25日に行われたプレミアリーグ第6節のサウサンプトン戦で、72分に相手DFカイル・ウォーカー=ピータースを後ろから倒したことで一発退場に。厳しい判定に、カルロ・アンチェロッティ監督は試合後に「ジョークだろ」と揶揄していた。

本来、一発退場を命じられた選手は、その後3試合の出場停止となるが、判定に不服申し立てを行ったエバートンの要求が呑まれ、1試合の出場停止に軽減されることになった。

この結果、次節のニューカッスル戦は出られないものの、11月7日の第8節のマンチェスター・ユナイテッド戦と同21日の第9節フルアム戦は出場可能に。サウサンプトン戦で今季初黒星を喫していたエバートンにとって追い風となるに違いない。

なお、左サイドバックを主戦場とするディーニュは、ここまでリーグ戦6試合、EFLカップ3試合の公式戦全9試合に出場していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング