元セレソンFWパトに英2部バーミンガム行きの可能性浮上?

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 1時19分

写真:Getty Images

元ブラジル代表FWアレシャンドレ・パト(31)にバーミンガム・シティへの移籍の可能性が浮上している。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。

今年8月末にサンパウロとの契約を双方合意の下で解消したパトは、現在フリーの状態となっている。

ここまで新天地候補に関してはジェノアやスペツィアのセリエA勢、パトのミラン在籍時に会長を務めていたシルヴィオ・ベルルスコーニ氏が所有するセリエBのモンツァなどの名前が挙がっていた。

だが、『カルチョメルカート』によると、新たな候補としてチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガムが同選手への関心を示しているという。

現在、アイトール・カランカ監督率いるバーミンガムは、今季ここまでのチャンピオンシップで17位に低迷しており、7試合で奪った得点はわずかに3点。そのため、攻撃の起爆剤としてフリーで獲得可能な大物をリストアップしているようだ。

なお、母国のインテルナシオナルでキャリアをスタートさせたパトは、2007年8月に17歳でミランに完全移籍。若き才能として注目を集め、公式戦150試合出場63ゴール18アシストと活躍した。

その後は母国に戻り、コリンチャンスやサンパウロでプレーした後、2016年1月にはチェルシーへレンタル移籍。その後、ビジャレアル、中国の天津天海でプレーし、2019年3月から今年8月まで古巣のサンパウロでプレーしていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング