レスター戦で負傷交代のD・ルイスも数週間アウト アーセナルCB陣に故障相次ぐ

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 10時30分

写真:Getty Images

アーセナルの元ブラジル代表DFダビド・ルイスが故障者リスト入りしたようだ。

D・ルイスは25日に本拠地で行われたプレミアリーグ第6節のレスター・シティ戦(0-1でアーセナルが敗戦)に先発したが、後半序盤の49分に左太もものケガで交代。イギリス『ガーディアン』によると、数週間の離脱が見込まれるという。


11月1日に敵地で行われるプレミアリーグ次節でマンチェスター・ユナイテッドと対戦するアーセナルだが、センターバック陣に故障者が続出中。すでにDFロブ・ホールディングやDFカラム・チャンバース、DFパブロ・マリが離脱している。

そのユナイテッド戦前の29日に本拠地で行われるヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節でダンドークFCと対戦するアーセナルだが、DFソクラティス・パパスタソプーロスとDFウィリアム・サリバは登録外で起用できない。

したがって、ダンドークFC戦はDFガブリエウとDFシュコドラン・ムスタフィしか起用できる駒がいない状況だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング