敵地で4発快勝のランパード、チェルシー初ゴールのツィエクに言及 「非常に良いパフォーマンス」

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 11時15分

写真:Getty Images

チェルシーのフランク・ランパード監督が快勝を誇り、選手個々の活躍を労った。『UEFA.com』が伝えている。

チェルシーは28日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第2節でFCクラスノダールと対戦。4-0の勝利で飾り、初勝利を手にした。

初戦から1勝1分けで同勝ち点のセビージャを得失点差で抑えて、グループ首位に立ったランパード監督。一定数の観客を有しての試合後、ファンの雰囲気作りに感謝した。

「今夜のようにファンの前でプレーするのはやっぱり素晴らしいね。見事な雰囲気を作ってくれた」

また、今夏にアヤックスから加わり、この試合でチーム3得点目を記録したモロッコ代表FWハキム・ツィエクにも言及。チェルシー加入公式戦4試合目での初ゴールを喜んだ。

「非常に良いパフォーマンスだった。今年3月から試合に出られていない状況を鑑みると、すごくね」

新戦力の活躍も際立つチェルシーはこれで3試合連続の無失点。今季初出場のドイツ代表DFアントニオ・リュディガーとフランス代表DFクル・ズマのコンビに賛辞を送っている。

「リュディガーとズマにすごく満足だ。トニ(リュディガー)に疑問なんてなく、彼の集中力やクリーンシートを継続したいという姿勢は素晴らしかった。5人のセンターバックを満足させるのは容易じゃないが、我々が前進する上でこうしたレベルの競争が必要だ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング