ブレーメン、ベテランDFグロスとの契約延長を発表

超ワールドサッカー / 2020年10月29日 23時0分

写真:Getty Images

大迫勇也の所属するブレーメンは29日、ドイツ人DFクリスティアン・グロス(31)との契約を延長したことを発表した。契約期間は明かされていない。

SCスターンブッシュ、BVクロッペンブルク、VfLオスナブリュック、ハンブルガーSV(HSV)の下部組織を渡り歩いたグロスは、2009年にHSVのトップチームに昇格。しかし、トップチームでの出場機会はなく、その後はドイツの下部クラブでプレー。2014年からはユース時代も過ごしたオスナブリュックに移籍すると、在籍4シーズンで公式戦132試合に出場した。

2018年の夏に加入したブレーメンでは、主にセカンドチームでプレーしていたが、大量の負傷離脱など非常に苦しいシーズンとなった昨季にトップチームへ昇格。主戦場のセンターバックだけでなく守備的MFでもプレーし公式戦18試合に出場。今季もこれまでブンデスリーガ4試合に出場していた。

クラブと新たな契約にサインしたグロスは、公式サイトで「契約延長したこと、そしてブレーメンの一員であり続けられることを嬉しく思っている」と、喜びを語った。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング