守護神活躍の仙台、広島の猛攻を押さえ込むも16試合未勝利に《J1》

超ワールドサッカー / 2020年10月31日 15時0分

明治安田生命J1リーグ第25節、ベガルタ仙台vsサンフレッチェ広島が31日にユアテックスタジアム仙台で行われ、0-0の引き分けに終わった。

仙台は3日前のヴィッセル神戸戦に敗れ、ついにリーグ戦未勝利数は「15」に到達。神戸戦では一度は2点差から追いつくものの、直後の気の緩みから失点し3連敗となった。ホーム初勝利を目指す今節は、神戸戦からスタメンを4人変更。先日アスルクラロ沼津から復帰した照山がベンチ入りしている。

対する広島も同じく3日前に試合を消化しており、ホーム戦となったその横浜F・マリノス戦は永井の初ゴールなどで3-1の快勝を収めた。今季5度目の連勝を狙うなか、中2日のスタメンは9人と大幅なターンオーバーを敢行。櫛引は初出場、井林は5回目の先発、3回目の先発出場の野津田はJ1通算150試合目となった。

試合は時間の経過とともに広島が主導権を握る展開になり、左のウイングバックに起用された藤井を中心に攻撃を仕掛けていく。12分にはその藤井のドリブル突破からドウグラス・ヴィエイラがシュート。マイナスの折り返しをダイレクトで狙ったが、GKヤクブ・スウォビィクに止められた。27分には再び藤井の仕掛けから今度は自らフィニッシュへ。カットインから右足をコンパクトに振り抜いたが、ここもGKが立ちはだかった。

一方の仙台は全く攻撃に転じることができず防戦一方。それでも守備では守護神ヤクブの安定したセービングで決定機を作らせない。アウェイの広島も、左の藤井だけでなく、右の茶島もチャンスに絡むが、40分過ぎにカウンターから放ったシュートも相手GKに止められた。

仙台の初シュートは後半の立ち上がりに訪れる。ピッチ中央でボールを奪いカウンターへ。左からカットインした石原がシュートを打ったが、ブロックに捕まった。その直後、広島も左サイドで起点を作り、細かいパス回しから森島がクロスを供給。これをドウグラス・ヴィエイラが頭で合わせたが、惜しくも枠の右へ外れてしまった。

その後、仙台はパラと佐々木を下げてイサック・クエンカと関口を投入。広島もエゼキエウと森島に代えて永井と浅野を送り込んだ。

すると広島はその2人がチャンスメイク。浅野とのワンツーで右サイドを突破した茶島がグラウンダーのクロスを送ると、合わせたのはファーサイドから走り込んだ永井。見事な攻撃を披露したが、ここはDF飯尾のブロックに遭った。

広島はさらに川辺と東を投入して停滞してきた攻撃にアクセントを加える。しかし、6割超えのポゼッションを誇るも、なかなかゴールを破ることができない。左右にボールを散らしながら穴を探すものの、最後の質が課題に。

そんな中迎えた73分、波状攻撃を仕掛ける広島は左サイドの東のクロスを永井が合わせるも、GKヤクブ・スウォビィクが至近距離でビッグセーブ。ここもゴールに繋げられない。

すると仙台も80分に千載一遇の絶好機が訪れる。敵陣左サイドで得たFKのシーン、浜崎の右足クロスに合わせた長沢のヘディングシュートは、10試合ぶり出場のGK大迫に防がれるも、こぼれ球を拾った平岡にビッグチャンス到来。しかし、ゴール目前でシュートを大きくふかしてしまうまさかの結果に。

命拾いした広島も後半アディショナルタイムの浅野の好機も生かせず、ゴールレスで試合終了。仙台はこれで16試合未勝利となった。

ベガルタ仙台 0-0 サンフレッチェ広島

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング